エースコンバット7 VRは3D酔いする?

エースコンバット7では、PSVRに対応しています。

 

PSVR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

VRに興味はありますが、3D酔いが心配で

今一歩、踏み出せない感じですが

他の方のレビューではどうなのか?

 

調査してみました。

 

 

 

 

VRカメラ システム

まず、眼下に広がる、海!空!

このまま飛ぶだけでも、楽しめそうですが

実際にプレイすると、一味 違うようです。

 

脳が勘違いするのか

機体をロールさせたり、背面飛行をすると

引っ張られる感覚があるみたいです。

 

 

そして、頭を動かした方向に

カメラが向くシステム。

 

敵とすれ違った時に

瞬時に去った方向を

視認することが、簡単にできるそうです。

 

 

この動きは過去のエースコンバットシリーズでも

ありましたが

機体を制御しつつ、視点を変えるのは

コントローラーでは至難の技でした。

 

実際私も、機能があることは知っていましたが

まったく使用していません。

 

コントローラーを落とすのがオチですw

 

 

この、頭を動かした方向に

カメラが向くシステムが

より一層、臨場感をアップし

パイロット感が増すみたいですね。

 

目視するだけでロックオンする兵器もあるそうですよ!

 

 

うーん、いいなぁ触れてみたい。

 

カメラは

後方視点,主観視点,コックピット視点と

3種類ありますが

VRでは必然的に

コックピット視点の選択になりそうです。

 

 

気になる3D酔いは?

皆、共通してしているのは

3D酔いは無い、とのことでした。

 

そもそも、3D酔いとは

目で見ている情報と

体の情報が異なることで起こります。

(目では動いているのに、実際に体は動いていない)

 

 

しかし、エースコンバットでは

頭を振った方向にカメラが向いたり

 

背面飛行で、体が引っ張られる錯覚を

起こすほどのリアリティ。

 

 

この目と、体の情報の異なりが

小さいことが、3D酔いを抑えているのかもしれません。

 

 

ただし、リアリティが高いため

高所恐怖症の方は要注意です!

 

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ